報酬額一覧


「後遺障害異議申立て」の2つの特典

1.セット1・2でお申し込みの場合は、個別に依頼されるよりお安くなります。

セット1には、「傷害慰謝料計算書」、セット2には、「傷害慰謝料計算書」と「逸失利益計算書」がセットとなっています。
後遺障害異議申立てをされるのは、ほぼ例外なく半年以上の通院歴をお持ちの方ばかりです。
一方、後遺障害異議申立ては必ず主張が認められるわけではありません。
そこで、上記書類をセットとし、個別に書類を依頼されるよりも安価にご提供することで、万一主張が認められなかった場合の損失を、少しでもカバーしていただくことが狙いです。


2.万が一認められなかった場合でも、無料にて、自賠責保険・共済紛争処理機構への
調停申立て手続きを承ります。


当事務所では、依頼者の方から「後遺障害異議申立て」手続きを承る際には、必ず、異議申立てが認められる“可能性”についてご説明しています。
しかし、審査は自賠責損害調査事務所で行われるため、必ず異議申立てが通るわけではありません。 その場合でも、被害者と自賠責損害調査事務所の間に立って、公平に紛争の調停を行ってくれる、『自賠責保険・共済紛争処理機構』へ申し立てる方法が残されています。
当事務所では、万が一後遺障害異議申立てが認められなかった場合に備えて、依頼者の方が希望される場合は、同機構へ申し立てるお手続きを、無料にて承っております。
自賠責損害調査事務所で認められなかった主張が、同機構へ申し立てることで認められたケースは、いくつもあります。
上記のサービスをご提供することで、少しでも異議申立ての可能性を高めていただくことが狙いです。

【単体】後遺障害異議申立書

対象:後遺障害の等級認定のみをご希望の方

1 異議申立書(自賠責書式:後遺障害)又は、申立書

        
54,000円
2 後遺障害等級認定の異議申立書・申立書
成功報酬

上積額の10%

【セット1】後遺障害異議申立書+傷害慰謝料計算書

対象:現在、非該当の方

1 異議申立書(自賠責書式:後遺障害)

        
80,000円
2 後遺障害異議申立書
3 異議申立書(自賠責書式:傷害慰謝料)
4 傷害慰謝料計算書
5 「異議申立ての進め方」、「示談交渉の心得」
成功報酬

上積額の10%

【セット2】後遺障害異議申立書+傷害慰謝料計算書+逸失利益計算書

対象:すでに何級かの等級に認定されている方

1 異議申立書(自賠責書式:後遺障害)
       
110,000円
2 後遺障害異議申立書
3 異議申立書(自賠責書式:傷害慰謝料・逸失利益)
4 傷害慰謝料計算書
5 逸失利益計算書
6 「異議申立ての進め方」、「示談交渉の心得」
成功報酬

上積額の10%

【セット3】傷害慰謝料計算書

1 異議申立書(自賠責書式・傷害慰謝料)

        
32,400円
2 傷害慰謝料計算書
3 「異議申立ての進め方」
・書類を受け取った後の異議申立ての進め方、異議申立て先等が書かれています。
4 「示談交渉の心得」
・当事務所自慢のパンフレットです。
・保険会社との交渉の仕方・交渉に臨む心得、交通事故紛争処理センターとは何か、和解手続の受け方、等々、示談交渉を進める上で大変有益な情報が、満載されています。
・示談交渉の過程で疑問な点、ご不明な点が出て来た場合は、示談締結まで無料にてアドバイスいたします。

個別の書類

逸失利益
計算書
単体でお申込みいただいた場合
32,400円
休業損害
計算書
サラリーマン・主婦・アルバイト・無職者の方
32,400円
休業損害
計算書
事業所得者・会社の役員の方
54,000円
から
死亡損害
計算書
死亡された方の状況に応じて、下記の内容を含みます。
  1. 死亡慰謝料
  2. 逸失利益
  3. 葬儀費
  4. 入院諸雑費、等々の計算含む
64,800円
から
過失割合
申立書
損害賠償額の交渉において、過失相殺の占める割合は大きいものがあります。
保険会社が示す「過失割合」に黙って従う必要はありません!
丁寧な事故調査で、被害者の方の利益をお守りします。
詳しくは、こちらから
86,400円
から
損害賠償
計算書
物損事故の過失割合
  • ・遠方の方でご自身で事故現場調査をしていただける方
  • ・依頼者の方の調査資料を元に申立書を作成致します
43,200円

メールと電話でのご相談を無料で行なっております。